4月下旬より最新作「黄金の大地」の撮影が開始されました。

作品「黄金の大地」はこれから約半年間の撮影期間を経て、本年12月に完成を予定しています。

 

詳細は以下の通り。

 

タイトル:黄金の大地

 

【ショート・シノプシス】

自家製の『白寿液』というサプリメントを製造している中島義男は薬草を採取のため日夜、山奥に出掛けている。

独り身の中島には思いを寄せる女性がいるが、打ち明ける事も出来ずに日々を送っていた。

中島はある日、山奥で金属探知器を駆使しながら砂金を探す不思議な風貌の老人と出会う。

その老人も独り身で、掘り出した砂金を売りさばいて生活費を賄うために全国津々浦々を渡り歩いていると語る。同じ独身の身である中島はその老人の発する言葉に共鳴し、互いに人生を語り合う仲になる。

一方、中学校の教諭の長澤佳子は家族の問題を抱え、教育者としても苦悩の日々を送っている。長谷川は課外授業の和太鼓に興味を持つようになる。

ある日、偶然手に入れたチケットで和太鼓のコンサートに出掛けた中島と山田、そして長澤の三人はそのコンサート会場で出会い、夫々の思いが交差して人生の新たな転換点を迎える。

 

ロケーション:

鹿児島・福岡・京都・大阪・滋賀・三重・福井

 

出演者:(登場人物名)

林 与一  (中島 義男)         自家製のサプリメントを製造する男

山田 昭二(山田 昭)       砂金を探して全国を旅する老人

若原 瞳(川辺 敬子)       薬局の店長(中島が思いを寄せる女性)

長谷川 かずき(長澤 佳子)    地方の小さな中学校の教諭

弓澤 公望(長澤 公夫)      長澤 佳子の夫(薬物中毒者)

国木田 かっぱ(国木田 良治)   金の買い取り店「USAGI」の店主

西 克彦(西 富男)        骨董品を販売する露天商

山本 弥生(山本 美麗)      街角の占い師

岡山 進一(岡山 進)       会社の経営者

小倉 芳栄(岡山 良枝)      岡山 進の妻

堀内 茂昭             レストランのシェフ

池脇 晋輔             和太鼓のリーダー

博多・和太鼓(魂音)        和太鼓コンサート・メンバー

ゆあさ まさや           レストランのギタリスト

 

スタッフ:

原作・脚本・編集・監督:戸田 博

撮影:ギヨーム・トーブロン/戸田 博

音楽・美術:戸田 美香

制作:花澤 理人・戸田 美香

 

Site Map

Privacy Policy

Copyright © 2017 Skeleton Films. All rights reserved.