4月下旬より最新作「黄金の河」の撮影が開始されました。

作品「黄金の河」はこれから約半年間の撮影期間を経て、本年12月に完成を予定しています。

 

詳細は以下の通り。

 

タイトル:黄金の河

 

【ショート・シノプシス】

自家製の『白寿液』というサプリメントを製造している中島義男は薬草を採取のため日夜、山奥に出掛けている。

独り身の中島には思いを寄せる女性がいるが、打ち明ける事も出来ずに日々を送っていた。

中島はある日、山奥で金属探知器を駆使しながら砂金を探す不思議な風貌の老人と出会う。

その老人も独り身で、掘り出した砂金を売りさばいて生活費を賄うために全国津々浦々を渡り歩いていると語る。同じ独身の身である中島はその老人の発する言葉に共鳴し、互いに人生を語り合う仲になる。

一方、中学校の教諭の長澤佳子は家族の問題を抱え、教育者としても苦悩の日々を送っている。長谷川は課外授業の和太鼓に興味を持つようになる。

ある日、偶然手に入れたチケットで和太鼓のコンサートに出掛けた中島と山田、そして長澤の三人はそのコンサート会場で出会い、夫々の思いが交差して人生の新たな転換点を迎える。

 

ロケーション:

鹿児島・福岡・京都・大阪・滋賀・三重・福井

 

出演者:(登場人物名)

林 与一  (中島 義男)         自家製のサプリメントを製造する男

山田 昭二(山田 昭)       砂金を探して全国を旅する老人

若原 瞳(川辺 敬子)       薬局の店長(中島が思いを寄せる女性)

長谷川 かずき(長澤 佳子)    地方の小さな中学校の教諭

弓澤 公望(長澤 公夫)      長澤 佳子の夫(薬物中毒者)

国木田 かっぱ(国木田 良治)   金の買い取り店「USAGI」の店主

西 克彦(西 富男)        骨董品を販売する露天商

山本 弥生(山本 美麗)      街角の占い師

岡山 進一(岡山 進)       会社の経営者

小倉 芳栄(岡山 良枝)      岡山 進の妻

堀内 茂昭             レストランのシェフ

池脇 晋輔             和太鼓のリーダー

博多・和太鼓(魂音)チーム/他多数

 

スタッフ:

原作・脚本・編集・監督:戸田 博

撮影:ギヨーム・トーブロン/戸田 博

音楽・美術:戸田 美香

制作:花澤 理人・戸田 美香

 

人生に迷い疲れた者たちが導かれるように入って行く山。
そこには、その者たちの望みを手助けしながら、山奥でひっそりと暮らす老夫婦がいた。
果たして、その行いは優しさか、狂気か、、、そしてまた、一人の女がその山へと向かう、、、

 

There is a mountain where those who are tired of worldly life come around, as if led by something. And deep in that mountain an old couple live quietly, giving hands to those people.
No one knows whether the couple’s acts come from good will or pure madness.
And now a woman lost in life, makes her way to that mountain...

 

京都市内で中古車販売店の経営者をしている池田 勇(林 与一)は老境に入っても日々ギャンブルに明け暮れていた。
次第に闇金融からの借金も膨れ上がり、経営と生活は困窮し破綻寸前に追い込まれる。
そして、池田はかつての友人の田口 旭(山田 昭二)に救いを求めるべく郷里の鹿児島に向かう。
しかし、35年振りに郷里に戻る池田には新たな試練が待っていた。

【Short Synopsis】
Isamu Ikeda, who manages used car dealership in Kyoto, spends his days at gambling in his old age. Heavily in debts with loan sharks, he is pushed to the edge of bankruptcy.
And he makes up his mind to return to his hometown, hoping his old friend Akira Taguchi could save him. Now he is back in Kagoshima after 35 years of absence, and here again he faces another difficult trial...

 

ショート・シノプシス

自宅の小さな工房で錫器を作る夫婦の物語。
夫の次郎は父親の亡くなった年齢に近づき、自分の人生を振り返る苦悩が始まる。
妻の宣子はそんな夫を支えながら、改めて共に生きる決意をする。
そして、次郎は新たな人生の目標を目指してある行動に出る。

 

- Short Synopsis -

This is the story about an old couple, who make a living by making tin products at home.
The husband, Jiro, as he is getting close to the age of his father’s death, begins to worry about the meaning of life. The wife, Nobuko, staying close to Jiro, decides to spend the rest of her time with him.
And now Jiro takes certain action, hoping to realize his ultimate goal...

「桜島早春」は第13回モナコ国際映画祭で最優秀音楽賞と特別賞を受賞しました。

 

モナコ国際映画祭:http://www.monacofilmfest.com/

 

 

 

 

 

“Early Spring, SAKURAJIMA” won 2 prizes in 13th Monaco International Film Festival.

 

Best Original Music Award
The Humanitarian Award

 

Monaco International Film Festival:http://www.monacofilmfest.com/

最新作「薩摩に生きる」の予告編をYouTubeにアップしました。

 

YouTube:http://www.youtube.com/watch?v=CnicCaMUWlI

 

New film “Live in SATSUMA” Uploded in YouTube.

 

http://www.youtube.com/watch?v=CnicCaMUWlI

 

 

最新作の「桜島早春」は本年12月にモナコで開催される”第13回モナコ国際映画祭”にノミネートされました。

「桜島早春」は「京都、夏」に続いてモナコ国際映画祭2年連続のノミネートになります。

昨年度はこのモナコ国際映画祭において「京都、夏」は【最優秀監督賞:戸田 博】【最優秀脚本賞:戸田 博】【最優秀主演男優賞:林 与一】【最優秀助演女優賞:若原 瞳】【インディペンデント・スピリッツ賞:戸田 博】の5部門のアワードを受賞しています。

 

モナコ国際映画祭:http://www.angelfilmawards.com/

 

“Early Spring, SAKURAJIMA” was selected by ” 13 th Monaco International Film Festival”  in Monaco.

 

Monaco International Film Festival:http://www.monacofilmfest.com/

過去のニュースはこちらからご覧頂けます。

Site Map

Privacy Policy

Copyright © 2017 Skeleton Films. All rights reserved.