黄金の大地 / Golden Land

自家製のサプリメント(白寿液)を製造している中島義男(林)は薬草採取のため夜ごと山奥に出掛けている。
中島には思いを寄せる女性(若原)がいるが、打ち明ける事も出来ずにずっと独り身の生活を送っていた。
中島はある日、薬草採取に出掛けた山奥で金属探知器を駆使しながら砂金を探す不思議な老人(山田)と出会う。
その老人も独り身で、探り出した砂金を売って生活費を賄うために津々浦々を渡り歩いていると語る。中島はその老人の発する言葉に共鳴し、互いに人生を語り合う仲になる。
長澤佳子(長谷川)は内職によって生活費を賄いながら薬物中毒の夫である公夫(弓澤)を抱えて苦悩の日々を送っている。 佳子は公夫に心の回復を図ろうと努力するが、自暴自棄の公夫には伝わらず亀裂が深まる。
ある日、偶然手に入れたチケットで和太鼓のコンサートに出掛けた中島と山田、そして長澤夫妻。 熱気に包まれた会場内で夫々の思いは交差し、人生の新たな転換点を迎えることになる。

 

Yoshio Nakajima, who makes a living by manufacturing a homemade supplement called “Hakujueki,” goes out in mountain in order to gather herb materials. There is a woman he has feelings for, but he doesn’t have a courage to ask her out. So he has lived a single life.
One day, Mr.Nakajima goes deep in the mountain, where he comes upon a mysterious old man, who searches for gold in ground with a metal detector. The old guy tells him that he is also single and is going around the country to make a living by selling gold he’s gathered.
From the moment they talked, they became good friends and they talks about their lives each other.
On the other hand, Yoshiko Nagasawa, whose husband, Kimio, suffers from drug addiction, lives a life of distress. She tries to help Kimio regain his mental health, but a desperate Kimio wouldn’t accept her advice, so their relationships are in danger now.
Then one day, those two couples go out for a concert of Japanese drum.
Now in the concert hall filled with excitement, their lives intersect each other, and every one of them comes to the turning point of his or her life...

2018 モナコ国際映画祭(モナコ公国)
《最優秀監督賞》《最優秀脚本賞》《最優秀撮影賞》《最優秀編集賞》《最優秀キャスト賞》
ラコーン国際映画祭《最優秀長編映画賞》(フランス)
ポートブレア国際映画祭《最優秀国際長編映画賞》(インド)
アショカ国際映画祭《最優秀長編映画賞》(インド)
東ヨーロッパ映画祭《最優秀長編映画賞》(ルーマニア)

 

2018 Monaco International Film Festival
《Best Director Award》《Best Script Award》《Best Cinematographer Award》《Best Editor Award》《Best Ensemble Cast Award》
2022 Lacorne International Film Festival《Best Feature Film Award》(France)
2022 Port Blair International Film Festival)《Best Feature Film Award》(India)
2022 Ashoka International Film Festival)《Best Feature Film Award》(India)
2022 Eastern Europe Film Festival《Best Feature Film Award》(Romania)

2018 モナコ国際映画祭(モナコ公国)
2022ゴールデン・ジェントル映画祭 《入選》(ポルトガル)
2022 ダイアモンド・アイ《佳作》(ロシア)
2022 フイルミー・シー国際映画祭《入選》(インド)
2022 アナトリア国際映画祭《入選》(トルコ)
2022 リール国際映画祭《入選》(インド)
2022 ボーデン国際映画祭《入選》(スウェーデン)
2022 ルレオ国際映画祭《入選》(スウェーデン)
2022 シンビオティック映画祭《入選》(ウクライナ)
2022 ラコーン国際映画祭《最優秀長編映画賞》(フランス)
2022 ポートブレア国際映画祭《最優秀国際長編映画賞》(インド)
2022 アショカ国際映画祭《最優秀長編映画賞》(インド)
2022 東ヨーロッパ映画祭《最優秀長編映画賞》(ルーマニア)

 

Monaco International Film Festival
Golden Lemur Film Festival 《Official Selection》(Portugal)
Diamond Eye 《Honorable Mention》(Russia)
Anatolia International Film Festival《Official Selection》(Turkey)
REEL International Film Festival 《Official Selection》(India)
Boden International Film Festival 《Official Selection》(Sweden)
Lulea International Film Festival 《Official Selection》(Sweden)
Symbiotic Film FesTival 《Official Selection》 (Ukraine)
Lacorne International Film Festival《Best Feature Film Award》(France)
Port Blair International Film Festival)《Best Feature Film Award》(India)
Ashoka International Film Festival)《Best Feature Film Award》(India)
Eastern Europe Film Festival《Best Feature Film Award》(Romania)

戸田 博  Hiroshi TODA

花澤 理人  Masato HANAZAWA

戸田 美香  Mika TODA

戸田 博  Hiroshi TODA

戸田 美香  Mika TODA

ギヨーム・トーブロン  Guillaume TAUVERON

戸田 博  Hiroshi TODA

戸田 博  Hiroshi TODA

林 与一 Yoichi Hayashi

長谷川 かずき Kazuki Hasegawa

弓澤 公望 Kinmochi Yumisawa

若原 瞳 Hitomi Wakahara

山田 昭二 Shyoji Yamada

池脇 晋輔 Shinsuke Ikewaki

2018

105 min

DCP 16 : 9

Site Map

Privacy Policy

Copyright © 2023 Skeleton Films. All rights reserved.